ログイン /会員登録
フランス高級輸入家具・インテリアファブリック 日本総代理店
142商品中 1 - 50表示

平織り 2442-001 インテリアファブリック

¥ 17,820

パーケール 2315-002 インテリアファブリック

¥ 24,300

パーケール 2315-005 インテリアファブリック

¥ 24,300

平織り 2562-001 インテリアファブリック

¥ 24,300

平織り 2562-002 インテリアファブリック

¥ 24,300

平織り 2562-003 インテリアファブリック

¥ 24,300

平織り 2562-004 インテリアファブリック

¥ 24,300

ポプリン 1553-002 インテリアファブリック

¥ 28,080

パーケール 2433-001 インテリアファブリック

¥ 28,080

パーケール 2433-002 インテリアファブリック

¥ 28,080

パーケール 2433-003 インテリアファブリック

¥ 28,080

平織り 2438-001 インテリアファブリック

¥ 28,080

平織り 2438-002 インテリアファブリック

¥ 28,080

平織り 2438-003 インテリアファブリック

¥ 28,080

平織り 2439-001 インテリアファブリック

¥ 28,080

平織り 2439-002 インテリアファブリック

¥ 28,080

平織り 2439-003 インテリアファブリック

¥ 28,080

ポプリン 2519-001 インテリアファブリック

¥ 28,080

ポプリン 2519-002 インテリアファブリック

¥ 28,080

ポプリン 2519-003 インテリアファブリック

¥ 28,080

ポプリン 2519-004 インテリアファブリック

¥ 28,080

平織り 1208-001 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1208-002 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1208-009 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1208-011 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1208-012 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1208-013 インテリアファブリック

¥ 28,620

パーケール 1648-001 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 2272-001 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 2272-002 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 2272-003 インテリアファブリック

¥ 28,620

サテン 2379-004 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 2424-001 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 2424-002 インテリアファブリック

¥ 28,620

パーケール 1447-001 インテリアファブリック

¥ 30,780

パーケール 1447-002 インテリアファブリック

¥ 30,780

パーケール 1447-005 インテリアファブリック

¥ 30,780

平織り 2437B-001 インテリアファブリック

¥ 30,780

平織り 2437B-002 インテリアファブリック

¥ 30,780

平織り 2441-001 インテリアファブリック

¥ 30,780

平織り 2441-002 インテリアファブリック

¥ 30,780

ポプリン 2475-001 インテリアファブリック

¥ 30,780

ポプリン 2475-002 インテリアファブリック

¥ 30,780

ポプリン 2475-003 インテリアファブリック

¥ 30,780

ポプリン 2475-004 インテリアファブリック

¥ 30,780

ポプリン 2475-005 インテリアファブリック

¥ 30,780

ポプリン 2496B-001 インテリアファブリック

¥ 30,780

ポプリン 2496B-002 インテリアファブリック

¥ 30,780

ポプリン 2496B-003 インテリアファブリック

¥ 30,780

ポプリン 2497B-001 インテリアファブリック

¥ 30,780

ルイ15世時代:1715年 - 1774年

ルイ15世スタイルの生地は、主に椅子カバーとして使用されており、当時のインテリアに大きく影響を及ぼしたデザインとなります。

当時、王室専属のフランス人家具職人によってデザインされたこちらの椅子は、大変高度な技術が必要とされました。ルイ15世スタイルでは、最も硬い木材を使用することで、細く加工されたデザインの椅子でも、しっかりとした強度を保つことができ、ルイ14世スタイルに比べ、よりライトなエレガントさを表現できるようになりました。そして、このスタイルは、ブルジョワ階級の方々に、瞬く間に愛されるスタイルとなりました。

このルイ15世スタイルから始まった木材の加工技術により、多くの職人は、様々なデザインのイスやテーブルの製作を始めました。それまでに表現することが難しかったモダンデザインを取り入れ、これまで以上に「パーフェクション」を追求するようになりました。

ルイ15世の時代に、様々なデザインを取り入れた椅子は、人々の間で大ブームとなり、この新鮮さとモダンさを取りれたスタイルは「ロココ調」と呼ばれるようになり、当時のブルジョワ階級の方々は、室内家具一斉にロココ調のものに模様替えしたと言われています。