ログイン /会員登録
フランス高級輸入家具・インテリアファブリック 日本総代理店
< 全てのコンテンツを見る

シノワズリ

シノワズリ
シノワズリ

「シノワズリ」は、アジアをイメージし、非対称の縮尺や、漆など独特の素材や装飾を用いた様式が特徴のデザインです。主には、中国の美術様式から影響を受けたデザインと言われていますが、当時、中国や日本の区別があまりついていなかった為、ヨーロッパでは、アジアの影響を受けたデザインは全て「シノワズリ」と呼んでいました。実際、歴史的生地を取り扱うシャール・ブルジェ社のシノワズリコレクションの中には、日本の影響を受け、「 MOUSMEE(娘) 」というタイトルが付けられた生地もございます。

渡航技術もままならない17世紀フランス。ヨーロッパに渡った数少ないアジアの生地やオブジェから、遠いアジアの国の文化を理解しようと、アジアの研究に没頭した研究者がおりました。

これに影響されるように、想像の中のアジアから、多くのアーティストや建築家も、中国や日本を思い描きながら彼らが”イメージしたアジア”をデザインするようになりました。「シノワズリ」は多くのヨーロッパの人々の関心を得るようになり、アジアの伝統デザインのコピーではなく、アジアのアートに影響を受けたヨーロッパ人による「シノワズリ」がデザインされたのです。

「シノワズリ」は、17世紀半ばよりデザインされ始め、ヨーロッパで爆発的人気がでたのは18世紀ごろでした。パーフェクションを求められたルイ15世紀時代の「ロココスタイル」の家具などに使用されていたものが、現在でも残っております。