白とゴールドを基調とするクラシックスタイルのHôtel du Palais (オテル デュ パレ)。 空間全体のインテリアを担当させていただきました。

高さもあり、とても広いスペースの空間を演出する為に選ばれた生地は、ナポレオン時代にデザインされた「ポンペイ」。

大柄のこちらのデザイン生地で、高さのあるカーテンを作ることで、その豪華さと芸術性はさらに際立ちました。 モダンな生地では演出できない、このクラシックな豪華さに、ご担当者様も大変ご満足されておりました。

ホテルに一歩足を踏み入れた時に与えられるお客様への感動。それが、こちらのホテルのスタッフ皆様の一番の幸せだとおっしゃっていました。