ログイン /会員登録
フランス高級輸入家具・インテリアファブリック 日本総代理店
211商品中 1 - 50表示

平織り 2440-001 インテリアファブリック

¥ 24,300

平織り 2440-002 インテリアファブリック

¥ 24,300

平織り 2440-003 インテリアファブリック

¥ 24,300

平織り 2440-004 インテリアファブリック

¥ 24,300

平織り 2440-005 インテリアファブリック

¥ 24,300

平織り 1423-001 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 1423-002 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 1423-004 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 1423-005 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2537-001 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2537-002 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2537-003 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2537-004 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2538-001 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2538-002 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2538-003 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2538-004 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2550-001 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2550-002 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2550-003 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2550-004 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2550-005 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2551-001 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2551-002 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2551-003 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2551-004 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2551-005 インテリアファブリック

¥ 25,920

平織り 2551-006 インテリアファブリック

¥ 25,920

パーケール 1417-001 インテリアファブリック

¥ 28,080

パーケール 1417-002 インテリアファブリック

¥ 28,080

パーケール 1417-003 インテリアファブリック

¥ 28,080

パーケール 1417-007 インテリアファブリック

¥ 28,080

平織り 2411-001 インテリアファブリック

¥ 28,080

平織り 1348-001 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1348-002 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1348-003 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1348-004 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1348-007 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1348-009 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1414-001 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1414-002 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1414-003 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1414-101 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1455-001 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1455-002 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1471-002 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1471-003 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1471-005 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1471-008 インテリアファブリック

¥ 28,620

平織り 1471-010 インテリアファブリック

¥ 28,620

ルイ16世時代:1774年 - 1785年

ルイ16世の王妃といえば、マリー・アントワネット。そして、この時代に「トワル・ド・ジュイ」が生まれました。ルイ16世は、シルクやダマスクを好み、マリー・アントワネットは、よりシンプルな花や物語が描かれた質の良いコットン、ストライプデザインを好みました。ベルサイユ宮殿は、当時のニュースや風景、思想などをコットン生地にプリンソするようクリストフ・オーベルカンプの工場へ依頼し、現在の「トワル・ド・ジュイ」が誕生しました。