はぎれインテリアファブリックで素敵なアイテムに!

空間の中に素敵な インテリアファブリック を取り入れることで、暮らしに彩りが生まれます。
カルトナージュ などのインテリアを作った後、残った「はぎれ」はどうしていますか?
素敵なインテリアファブリックを余すことなく活用したいという方におすすめの、はぎれで簡単に作れるアイテムをご紹介します。

◯ はたき

細かい裁断をしたら、細切りになったはぎれが多く残ります。使えることがないと判断されることが多い細切りのはぎれでは、「はたき」が作れます。はぎれの他に用意するのは、ゴムと20センチ前後の細い木の棒です。はぎれは、できるだけ多い方がいいです。ちょうど真ん中のあたりが重なるように螺旋状に広げたら、そこに木の棒を置いて包むようにしてゴムでしっかり巻き留めます。ゴムの種類は、輪ゴムでもヘアアクセサリー用のゴムでも構いません。チャームのついたゴムなどを使用すれば、素敵な デザイン の世界に一つしかない「はたき」が完成します。

◯ コースター

トワルドジュイ などの素敵なはぎれでは、ぜひお客様用のコースターを作ってみてください。丸・三角・四角など様々な形で残ったはぎれを上手に活用できるアイデアです。2枚別々のインテリアファブリックを組み合わせてリバーシブルにすれば、使う楽しさも生まれます。縫い合わせてもいいですし、裁縫用の接着剤を使用することもできます。本格的に仕上げるなら、フリンジをつけたりビーズなどの小物を組み合わせてみるのがおすすめです。丁寧に手洗いすれば繰り返し使用できるためエコですし、使用しないときは食器棚に飾っておくだけで素敵です。

◯ ハンガー

多めにはぎれが残った場合には、クリーニング屋さんでもらえる針金ハンガーに撒きつけてみてください。細長いはぎれの方が活用しやすく、短いものが多くなるようであれば適宜接着材を使用することをおすすめします。服が滑りにくくなりますし、インテリアファブリックを傷めたり型崩れを防ぐこともできます。柄を統一するのも良いですが、様々なはぎれを組み合わせても個性的な仕上がりになります。クローゼットの中が、まるでアパレルショップのような素敵な雰囲気になります。

日常的に使用するアイテムにこだわっている方は、生活上手でお手本にしたくなります。フランスインテリアファブリック専門 通販 「D&T FRANCE」の高級インテリアファブリックでカルトナージュ作りを楽しんだ後は、はぎれも活用して素敵なアイテム作りに挑戦してみてください。