メーカーから探す

D&T FRANCEチャンネル

D&T FRANCEチャンネルは、フランスで作られる特別な生地のみをご紹介するチャンネルです。
フランス生地の歴史や我々の生地に対する情熱、生地のリビューやフランス生地に携わる様々な方のインタビューなど、短い動画にまとめて毎週配信しています。
多くのみなさまに楽しんでいただける動画を配信して行きますので、ぜひチャンネル登録をしていただき、最新動画をお見逃しなく!


フランス生地について

フランス生地の歴史、技法、活用法など、フランスで作られるユニークな生地の様々な情報をお伝えしています。

【第1回】フランス伝統生地について

みなさま、こんにちは。フランス伝統生地・家具専門店D&Tです。
自粛生活が少しでも楽しいものになればと、D&Tスタッフよりフランスの伝統生地や家具について、プチトークをシリーズでお届けさせていただきます。
初回は、「フランス伝統生地について」お話をさせていただきます。楽しんでいただけましたら幸いです。

フランス伝統生地 ロイヤルファミリーコレクション

各国ロイヤルファミリーに愛されるフランスが誇る伝統生地の数々をご紹介!お楽しみください。

トワル・ド・ジュイについて

ランス伝統生地「トワルドジュイ 」についてご紹介しています。「トワルドジュイ 」は、ルイ王朝時代に、Oberkampf氏によって生み出された特別なフランス生地で、現在、その当時のオリジナルデザイン版は、フランス老舗生地メーカー「シャール・ブルジェ」社が所有をしており、今でも同じデザインの生地を作り続けています。そして、その本物の「トワルドジュイ 」を日本で唯一取り扱っているのが、我々D&T FRANCEです。
こちらの動画では、トワルドジュイの歴史や「本物」と呼ばれる理由をご紹介しております。

フランス ロココ時代最後の画家「フラゴナール」による生地

1785年フランス。フランス人画家「フラゴナール」によって描かれた当時の風景。美しいトワルドジュイ は、マリーアントワネットが最も愛したと言われています。デジタルプリントでは表現しきれない、ハンドプリントならでわの繊細な美しさをお楽しみください。

トワルドジュイの生地+壁紙(クロス)のご紹介

フランス伝統生地「トワルドジュイ 」の生地と壁紙コレクションをご紹介いたします。ちょっと変わった使い方など、ぜひインテリアの参考にして見てください。

【第1回】フランス伝統生地について

みなさま、こんにちは。フランス伝統生地・家具専門店D&Tです。
自粛生活が少しでも楽しいものになればと、D&Tスタッフよりフランスの伝統生地や家具について、プチトークをシリーズでお届けさせていただきます。
初回は、「フランス伝統生地について」お話をさせていただきます。楽しんでいただけましたら幸いです。

商品動画

D&T FRANCEが取り扱う特別なフランス生地のデザイン、歴史、質感など情報をご紹介しています。動画でご紹介しております生地は、全てD&T FRANCE公式オンラインショップにて、ご購入いただけます。

ルイ16世時代にデザインされたコルセット用生地

シルク100%のジャカード生地「シルヴィー」。ルイ16世時代にデザインされたコルセット用生地。当時の特徴的なデザインと共に、ご紹介をいたします。

ロココ様式の最高峰 小トリアノン宮殿の名を持つ生地

ロココ様式の最高峰 小トリアノン宮殿の名を持つ生地は、光のあたり具合によりその表情を変化させる、まるで生きているような生地です。マリーアントワネットが最も愛した宮殿の名を持つこの生地は、ローズとストライプが美しく表現される、フランス最高峰の生地となります。

Ritz ロンドン 内装生地

ロンドンのRitzの室内装飾の生地と使用される、フランス伝統生地「ベロア」。美しさの中に、凛とした力強さも感じつこの生地が持つ歴史的背景をご紹介いたします。

トワルドジュイの生地+壁紙(クロス)のご紹介

フランス伝統生地「トワルドジュイ 」の生地と壁紙コレクションをご紹介いたします。ちょっと変わった使い方など、ぜひインテリアの参考にして見てください。

ベルサイユ宮殿 - 大トリアノン&小トリアノンの生地

ベルサイユ宮殿の北西部に位置するシャトー「大トリアノン」、そして、ヴェルサイユ宮殿の庭園にある離宮の一つで、内装はロココ様式の最高峰とも評される「小トリアノン」のそれぞれの名を持つ生地をご紹介。

フランス ロココ時代最後の画家「フラゴナール」による生地

1785年フランス。フランス人画家「フラゴナール」によって描かれた当時の風景。美しいトワルドジュイ は、マリーアントワネットが最も愛したと言われています。デジタルプリントでは表現しきれない、ハンドプリントならでわの繊細な美しさをお楽しみください。