• D&T FRANCE 公式通販サイト
  • フランス生地・壁紙・家具・ラグ・タペストリー
  • メゾン PINTON
  • 原産国 フランス
  • 組成 ウール、シルク
  • サイズ (cm) 290 x 230
  • アーカイブの起源 SAVONNERIE 012-021 「石鹸工場」
  • 織り技法 ノットステッチ

ノットステッチについて

フランスの伝統ラグの歴史の中で、昔は、ラグは「Savonerie」、日本語にすると「石鹸工場」と呼ばれていました。それは、約400年前、ルイ13世が、ルーブル宮殿の外にフランス初のロイヤルラグマニュファクチャーを作らせた際、その場所が、もともと石鹸工場だった為に、ラグはこのように呼ばれていたのです。

オービュッソンの縦型織機の「織り技法ノットステッチ」は、4世紀前にフランスで最初に始まり、全ての工程を手作業で行います。ノットラグは、このノット=結び目のお陰で、堅固さと耐久性に優れた品質のラグを織り上げることができ、非常に高く評価され明日。それが、PINTONのラグが世界中で評価される理由の1つとなっています。PINTONが保管するアーカイブには、4000を超える歴史的なオリジナルラグのアーカイブがあり、その歴史的遺産を元に、PINTONだけが、それらを複製することができます。そして現在でも、PINTONは、現代デザイナーと協力し、このフランスの伝承され続ける織り技法を用いた、モダンインテリアにも合うラグを作り続けています。

以下は、マリーアントワネットの時代にロイヤルラグマニュファクチャーで作られたラグのアーカイブを元に、 PINTONが400年前の織り技法で製造した、芸術的ラグです。

マリーアントワネット肖像画
マリーアントワネット肖像画
アーカイブ SAVONNERIE 012-021
アーカイブ SAVONNERIE 012-021
PINTONによる織り
PINTONによる織り
Pinton パントン

【ラグ】クラシックラグ《マリー・アントワネット》290 x 230 cm

SAVONNERIE 012-021
  • ¥ 1,854,400 (税込)
  • /
18544 ポイント還元 (こちらの商品のお買い物での18544ポイント/枚を獲得。
1ポイント=1円分として次回のお買い物よりご使用いただけます。)
  • メゾン PINTON
  • 原産国 フランス
  • 組成 ウール、シルク
  • サイズ (cm) 290 x 230
  • アーカイブの起源 SAVONNERIE 012-021 「石鹸工場」
  • 織り技法 ノットステッチ

ノットステッチについて

フランスの伝統ラグの歴史の中で、昔は、ラグは「Savonerie」、日本語にすると「石鹸工場」と呼ばれていました。それは、約400年前、ルイ13世が、ルーブル宮殿の外にフランス初のロイヤルラグマニュファクチャーを作らせた際、その場所が、もともと石鹸工場だった為に、ラグはこのように呼ばれていたのです。

オービュッソンの縦型織機の「織り技法ノットステッチ」は、4世紀前にフランスで最初に始まり、全ての工程を手作業で行います。ノットラグは、このノット=結び目のお陰で、堅固さと耐久性に優れた品質のラグを織り上げることができ、非常に高く評価され明日。それが、PINTONのラグが世界中で評価される理由の1つとなっています。PINTONが保管するアーカイブには、4000を超える歴史的なオリジナルラグのアーカイブがあり、その歴史的遺産を元に、PINTONだけが、それらを複製することができます。そして現在でも、PINTONは、現代デザイナーと協力し、このフランスの伝承され続ける織り技法を用いた、モダンインテリアにも合うラグを作り続けています。

以下は、マリーアントワネットの時代にロイヤルラグマニュファクチャーで作られたラグのアーカイブを元に、 PINTONが400年前の織り技法で製造した、芸術的ラグです。

マリーアントワネット肖像画
マリーアントワネット肖像画
アーカイブ SAVONNERIE 012-021
アーカイブ SAVONNERIE 012-021
PINTONによる織り
PINTONによる織り
- +
購入数 :

商品説明

この手作りラグは、400年前のノットステッチ技法を用いて織り上げられました。22色からなるシルクとウールが使用されたラグは、マリーアントワネット時代の本物のオリジナルアーカイブです。

  • メゾン PINTON
  • 原産国 フランス
  • 組成 ウール、シルク
  • サイズ (cm) 290 x 230
  • アーカイブの起源 SAVONNERIE 012-021 「石鹸工場」
  • 織り技法 ノットステッチ

ノットステッチについて

フランスの伝統ラグの歴史の中で、昔は、ラグは「Savonerie」、日本語にすると「石鹸工場」と呼ばれていました。それは、約400年前、ルイ13世が、ルーブル宮殿の外にフランス初のロイヤルラグマニュファクチャーを作らせた際、その場所が、もともと石鹸工場だった為に、ラグはこのように呼ばれていたのです。

オービュッソンの縦型織機の「織り技法ノットステッチ」は、4世紀前にフランスで最初に始まり、全ての工程を手作業で行います。ノットラグは、このノット=結び目のお陰で、堅固さと耐久性に優れた品質のラグを織り上げることができ、非常に高く評価され明日。それが、PINTONのラグが世界中で評価される理由の1つとなっています。PINTONが保管するアーカイブには、4000を超える歴史的なオリジナルラグのアーカイブがあり、その歴史的遺産を元に、PINTONだけが、それらを複製することができます。そして現在でも、PINTONは、現代デザイナーと協力し、このフランスの伝承され続ける織り技法を用いた、モダンインテリアにも合うラグを作り続けています。

以下は、マリーアントワネットの時代にロイヤルラグマニュファクチャーで作られたラグのアーカイブを元に、 PINTONが400年前の織り技法で製造した、芸術的ラグです。

マリーアントワネット肖像画
マリーアントワネット肖像画
アーカイブ SAVONNERIE 012-021
アーカイブ SAVONNERIE 012-021
PINTONによる織り
PINTONによる織り

Pintonパントンについて

150年のパーフェクションの中で、PINTONは、その並外れたカーペット、ラグ、タペストリー制作技法で最も有名なメゾンとなりました。フェルタンのワークショップにある「バッセ・リッセ」織機によって制作された作品は、世界にフランスの織物製造の芸術を普及させました。PINTONファミリーは、常に、織りの芸術に情熱を注ぎ、1867年から現在に至るまで、この情熱と職人のノウハウが融合した、アートや現代デザインにまで影響を与えるラグやタペストリーを織り上げています。

メゾンの歴史を見る

関連カテゴリー